株式会社 Fanplus

     

BUCK-TICK 12月29日に開催される日本武道館公演をFanStreamアプリで生配信&StreamPassにて視聴パスを販売!

生配信事業

2020.12.01

音楽アーティストのファンサイト運営を手掛ける株式会社Fanplus(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 元)と電子チケット事業やチケット二次販売「チケプラトレード」を運営する株式会社Tixplus(本社:東京都渋谷区、代表取締役:池田 宗多朗)は、視聴PASS販売プラットフォーム「StreamPass」とコメントやギフティング機能を搭載の視聴アプリ「FanStream」を活用して、BUCK-TICKが12月29日(火)に実施する、日本武道館公演“ABRACADABRA THE DAY IN QUESTION 2020”の視聴チケットの販売ならびに配信を提供することをお知らせします。

【配信概要】
BUCK-TICKが、12月29日(火)に行う日本武道館公演“ABRACADABRA THE DAY IN QUESTION 2020”を、生配信することが決定した。

BUCK-TICKが12月29日に行う日本武道館公演は、2001年に行われた“THE DAY IN QUESTION”からスタートして以来毎年恒例となり、実に19年連続で行われてきた。昨年は日本武道館の改修工事により、会場を国立代々木競技場第一体育館に移しての開催となったが、2年ぶりに日本武道館に会場を戻し開催されることになった。

今回の日本武道館公演は、BUCK-TICKとして2020年初の有観客でのライヴとなる。
今年は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、ファンクラブ・モバイルサイト会員向けのツアーをはじめ、9月に発売したアルバム『ABRACADABRA』を掲げての全国ツアーの開催も困難となり、現在は、フィルムコンサートという形式で全国各地で『ABRACADABRA』を披露している。そして、この度の日本武道館公演で、新型コロナウイルス感染症予防策を徹底した上で、会場キャパシティーの50%以下でお客さんを入れての開催が実現することとなった。今回の配信は、全国各地、日本武道館に来ることのできないファンのために行われる。

公演タイトル:ABRACADABRA THE DAY IN QUESTION 2020

会場:日本武道館
配信日時:2020年12月29日(火)
     OPEN 18:00/ START 18:30
※OPEN時間は、FanStreamでの配信時となります。配信プラットフォームにより異なります。

視聴価格:
①FISH TANK会員/LOVE & MEDIA PORTABLE会員限定チケット:4,500円(税込)
②一般視聴チケット: 5,000円(税込)

販売期間:2020年11月30日(月)20:00~2021年1月6日(水)20:00
アーカイブ配信期間:2020年12月30日(水)18:00~2021年1月6日(水)23:59まで

【販売URL】
https://tixplus.jp/feature/bucktick_202012/

【BUCK-TICK OFFICIAL FAN CLUB「FISH TANK」】
https://fc.buck-tick.com/

【BUCK-TICK OFFICIAL MOBILE SITE「LOVE & MEDIA PORTABLE」】
https://sp.buck-tick.com/

※配信の視聴には視聴パス「StreamPass」の購入が必要になります。
※生配信視聴は、配信視聴専用アプリ「FanStream」をダウンロードしご覧いただけます。
(アプリダウンロードには、iOS端末・Android端末のいずれかの端末が必要となります)

----------------------------------------

■視聴PASS販売プラットフォーム「StreamPass」と視聴専用アプリ「FanStream」について
音楽ライブやイベントが中止・延期となっている現状、我々も動画配信を通じてアーティストやファンを微力ながらサポートすることはできないかと考えました。
価値あるパフォーマンスはアーティストに還元できるよう、無観客ライブや自宅ライブ等を視聴PASS販売プラットフォーム「StreamPass」で販売することが可能です。
そして、視聴専用アプリ「FanStream」では、生配信を観ながらコメントやギフティングでアーティストの応援ができる機能を搭載し、アーティストとファンがよりインタラクティブにつながれるようになります。
配信収益は、大手動画配信サイトでギフティングや有料配信するよりも、高い利率でアーティスト・主催者へ還元しますので、本来のライブ同様に、ファンの方の応援がアーティストへの支援となります。

※VR MODE社とVR配信も連携

【視聴PASS販売プラットフォーム「StreamPass」概要】
・生配信やオンライン配信の視聴PASSを有料販売することができます。
・ファンクラブ認証がカンタンに行えるので、ファンクラブ会員には割引視聴PASSを販売することも可能。
・アーティストへ支援を行いたい場合は、ドネーションを送れます。
・記念コンテンツサービス「メモコレ」をつかって、デジタルコンテンツ販売やオンラインくじも同時に実施可能。配信ページからグッズ販売を行うことも可能。
・販売した配信収益は、通常の配信プラットフォームより、高い利率でアーティストに還元。

■StreamPassサービスサイト
https://tixplus.jp/feature/streampass/

【視聴専用アプリ「FanStream」概要】

コメントやギフティング機能を搭載した生配信視聴専用アプリ。ファンとの密度をより濃く、よりインタラクティブに、ライブやイベント参加のバーチャル体験を提供します。

・アプリならではの操作性で快適な視聴を実現。
・生配信の視聴中に、リアルタイムでのコメント投稿やアバターアクション、アイテム投稿が可能。
・ギフティングのアイテムやアバターをカスタマイズするパーツの従量販売が可能。
(ギフティングについては、主催者が導入可否を選択することができます)

■FanStreamサービスサイト
https://fanstream.jp/



※記載されている会社名及びサービス名/ロゴは、各社の商標または登録商標です。

BACK