株式会社 Fanplus

     

BLUE ENCOUNT熊本支援プロジェクト「STAY HOPE」特設サイトオープン!

ファンサイト・ファンクラブ事業

2020.10.06

音楽アーティストのファンサイト運営を手掛ける株式会社Fanplus(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤元)は、BLUE ENCOUNT熊本支援プロジェクト「STAY HOPE」の特設サイトを2020年10月5日(月)にオープンいたしました。
熊本支援を目的としてBLUE ENCOUNTボーカル田邊駿一を筆頭に立ち上がったプロジェクト「STAY HOPE」について一目で分かるサイトとなっており、今後も活動内容を更新予定です。


▼BLUE ENCOUNT熊本支援プロジェクト「STAY HOPE」特設サイト
URL : https://stayhope.blueencount.jp/feature/stayhope
(PC/スマートフォン対応)

▼対応OS・ブラウザ
[OS]
・iOSの場合、iOS10.0以上
・Androidの場合、5.0以上
[ブラウザ]
・iOSの場合、Safariの最新版
・Androidの場合、AndroidブラウザまたはChromeの最新版
・Windowsの場合、IE11、Microsoft Edge、Chromeの最新版
・Mac OS Xの場合、SafariまたはChromeの最新版
※タブレット端末、ガラホ(テンキーの付いたスマートフォン)、らくらくスマートフォンは非対応となります。

【BLUE ENCOUNTプロフィール】

熊本発、都内在住4人組。熱く激しくオーディエンスと一体になり、ダイレクトに感情をぶつける熱血なパフォーマンスが話題のエモーショナルロックバンド。

2014年9月にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャーデビュー。2015年1月にリリースしたファーストシングル「もっと光を」は、新人ながら全国35局でのパワープレイを獲得。同年5月には人気のテレビ東京系アニメ『銀魂(第3期)』のオープニングテーマとなるシングル「DAY×DAY」をリリース。7月にファースト・フルアルバム『≒』(読み:ニアリーイコール)をリリース。2016年には1月に第94回全国高校サッカー選手権大会の応援歌にもなった「はじまり」、そして『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のオープニングテーマ「Survivor」、全ブルエンリスナーに向けた「だいじょうぶ」、ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』の主題歌「LAST HERO」と4枚のシングルをリリースし、そして2016年10月には日本武道館ワンマン公演、<LIVER’S 武道館>も大成功に収める。2017年1月にはセカンド・アルバム『THE END』をリリースし、バンド史上最大規模であり幕張メッセ公演を含む全国ツアーも大盛況のうちに終了させた。2018年3月には待望のサード・アルバム『VECTOR』(読み:ベクトル)を発表。より多彩で進化した音楽性を併せ持つこのアルバムはオリコン・ウィークリー・チャートには6位にランクイン。全国ツアー<BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」>でも大成功を収めた。

同年11月にはTVアニメ「BANANA FISH」第2クール オープニング・テーマとしても起用されたシングル「FREEDOM」を発表し、彼らの持つソリッドな魅力を改めて提示してみせた。そしてメジャーデビュー5周年、バンド結成15周年となる2019年、6月に渾身のミニ・アルバム『SICK(S)』リリースし、バンド史上初のホールツアーを成功させた。9月11日には日本テレビ系土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の主題歌「バッドパラドックス」をリリース。さらに11月20日にはアニメ「僕のヒーローアカデミア」の主題歌となった「ポラリス」をリリース。常に全力のパフォーマンスとシンプルで熱いメッセージを愚直なまでに伝え続ける彼らの姿勢に共感が止むことは無い。



※記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

BACK